経堂聖書会・ホームページ


経堂聖書会は、無教会キリスト教の聖書を学ぶための集会です。

無教会キリスト教とは、教会の教義と制度に縛られないで、聖書を学び、その真理を追究しようと、明治の内村鑑三先生に始まり、それを受け継いだ人々が全国で集会を続けています。経堂聖書会もその中の一つです。

このホームページは、経堂聖書会の活動を記録・紹介するとともに、標題に「ひとり聖書を学ぶ友へ」とあるように、各地でひとり聖書を学んでいる方のお役に立てればと、聖書の学びの一端を伝えるものです。

トピックス

[2024年2月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第42号が刊行されました。
・言葉は命 神谷 光子
・聖書・音楽・楽器 知久 雅之

[2024年1月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第41号が刊行されました。
・讃美歌は詩集でもある 松村 光雄
・微笑もて生きよ―新井先生が教えてくださったこと 吉田 咲

[2023年12月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第40号が刊行されました。
・信仰薄き者 佐野 光郎
・二つのブーケ 山中 とも子

 ブーケ
[2023年11月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第39号が刊行されました。
・創立65周年を迎えた登戸学寮 小島 拓人
・イエスさまの弟子の条件 山口 和彦

[2023年10月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第38号が刊行されました。
・大地に命あり 北沢 紀史夫
・前田護郎先生の不思議(謎)発見 阿部 光成

[2023年9月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第37号が刊行されました。
・追憶 山中 稔
・60年に渡る聖書の勉強 吉野 隆治

[2023年8月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第36号が刊行されました。
・『炎のランナー』と『最後のランナー』の主人公 エリック・リデル から
 スティーブン・メティカフ へのバトン 笹生 明子
・アンゲラ・メルケルの原点 ―キリスト者として行動する― 月本 友子

[2023年7月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第35号が刊行されました。
・『般若心経』と「山上の垂訓」 野末 榮一
・メイフラワー号以後 上田 明子

[2023年6月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第34号が刊行されました。
・ギリシャ旅行雑感 福島 穆
・病を授かって 高松 均

[2023年5月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第33号が刊行されました。
・聖書会再開一年に思う 知久 雅之
・楔型文字からアルファベトへ 月本 昭男

[2023年4月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第32号が刊行されました。
・コロナ禍での読書会 神谷 光子
・口語訳聖書にみる現代の日本語 松村 光雄

[2023年3月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第31号が刊行されました。
・内なる人は日々新た 佐野 光郎
・『永遠と一日』における贖い 吉田 咲
・トルコ大地震の被害者へ緊急援助を 福島 穆

[2023年2月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第30号が刊行されました。
・スイーツに癒されて 山中 とも子
・黒崎幸吉賞のご紹介 小島 拓人

[2023年1月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第29号が刊行されました。
・題名が「ヤバい神」という本を書店で見たときに思い浮かんだこと 阿部 光成
・“真理”と“真理の応用” 山口 和彦

[2022年12月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第28号が刊行されました。
・今 北沢 紀史夫
・イエスの奇跡 吉野 隆治

[2022年11月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第27号が刊行されました。
・戦争を語り継ぐ演劇公演『アニーさん』を鑑賞して 笹生 明子
・回顧 教会を経て無教会へ 山中 稔

[2022年10月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第26号が刊行されました。
・アブラハム合意:The Abraham Accords Declaration 野末 榮一
・「注」との対話 上田 明子

[2022年9月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第25号が刊行されました。
・メリトポリから日本へ 月本 昭男
・土地は神のもの 福島 穆

[2022年8月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第24号が刊行されました。
・2022年夏 随想 ― いま一度の『箱舟』を 月本 友子
・非接触の恵み 高松 均

[2022年7月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第23号が刊行されました。
・ドクダミ茶作り3年目 神谷 光子
・聖書会再開の喜びと感謝 知久 雅之

[2022年6月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第22号が刊行されました。
・ドキュメンタリー「水俣曼荼羅」を見る 松村 光雄
・主の山に備えあり 辻田 志津子

[2022年5月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第21号が刊行されました。
・復活と命の主イエス 佐野 光郎
・野の百合の思い出 犀川 祥子

[2022年4月15日]
経堂聖書会通信「ピスティス」第20号が刊行されました。
・坂の町のイエス―山田洋次『母と暮せば』 吉田 咲
・ミルトン著『楽園の回復』とヨブ記 小島 拓人

刊行物のお知らせ


若木742023年10月10日
「若木 第74号」が刊行されました。
若木732023年1月19日
「若木 第73号」が刊行されました。
若木722022年8月15日
「若木 第72号」が刊行されました。
恩恵の継承6
2020年12月22日
永らく待たれていた「恩恵の継承 その六」が刊行、配布されました。

新井明選集 2019年9月7日
新井 明 選集全3巻共、刊行されました。
『新井 明 選集』(経堂聖書会「七人会」編、リトン発行)刊行のご案内 2021年4月現在 ホームページからのご注文は終了いたしました。 

  ♢♢七人会から会員の皆様へのご案内♢♢


2024年2月15日
2024年2月18日以降の聖書会の開催日・会場・担当は以下の通りです。
2024年
2月18日  10:00~11:30 経堂地区会館
      吉野 隆治 月本 昭男
3月3日  10:00~11:30 経堂地区会館
      佐野 光郎 北沢 紀史夫
3月17日  10:00~11:30 経堂地区会館
      山口 和彦 月本 昭男
4月7日  10:00~11:30 経堂地区会館
4月21日  10:00~11:30 経堂地区会館
 





会員ページイメージ
 

      経堂聖書会 日曜講座予定表

【2024年1月~3月】

月 日 10:00~10:40 10:45~11:30 会 場
1月7日 福島 穆 北沢 紀史夫 経堂地区会館
1月21日 知久 雅之 月本 昭男 経堂地区会館
2月4日 吉田 咲 小島 拓人 経堂地区会館
2月18日 吉野 隆治 月本 昭男 経堂地区会館
3月3日 佐野 光郎 北沢 紀史夫 経堂地区会館
3月17日 山口 和彦 月本 昭男 経堂地区会館
2024/2/15現在  


 

        掲載記事更新歴


更新年月日 更 新 内 容
2024.2.15  「ピスティス」第42号の刊行を案内しました。
2024.1.15  「ピスティス」第41号の刊行を案内しました。
2023.12.15  「ピスティス」第40号の刊行を案内しました。
2023.11.15  「ピスティス」第39号の刊行を案内しました。
2023.10.15  「ピスティス」第38号の刊行を案内しました。